車の査定にかかる時間とは?

 

車の一括査定サイトから買取業者を見つけて、実際に車の査定を依頼した際に査定にかかる時間は、どれくいかかるのか。
忙しい日々から時間を作って査定を依頼するわけですから、平均的な査定にかかる時間を知っておくと良いですよ。

 

 平均的な査定時間

 

買取業者によって査定時間は異なる傾向がありますが、だいたい20分前後で査定業務が完了することが多いですね。

 

車の年式、タイアの状態、外装の傷の有無、エンジンの状態やエンジン音を調べるなど査定を行います。

 

そこで終わりではありません。
査定内容を業者の本社に送信してから査定額が決定します。

 

ここで初めて査定額が提示されて、納得すればその場で契約するための手続きに入ります。
この時点で、契約かもう少し粘るか分岐点をとるかで時間は無限大にかかるのか。

 

契約を見送るかを考えると、「じっくり考える時間」も必要になってくるでしょう。査定額を見て、業者に後日電話で連絡すると伝えて、
今日の査定の交渉を終わらすことを考えると1時間ぐらいは確保しておいたほうが無難かもしれません。

 

納得した査定額であれば、その日のうちに契約手続きの説明を30分くらい。
査定時間を合わせても、こちらも1時間くらいを目安としておくと良いでしょう。

 

 時間を短縮するには

 

出張査定や業者に車を持ち込んで査定を依頼する場合、時間を短縮してほしい時もあるかもしれません。
そんな時の対応は査定を依頼する際に「査定時間を聞く」ことを忘れないようにしましょう。
依頼の電話から交渉は始まっており、「30分しか時間が取れない」など自分のペースになるように持っていくことも大切です。

 

業者は査定額を簡単に提示しない傾向が強いため、必要なことは答えずに交渉時間を短縮したりと、売り手側も色々と対策が必要なんですね。

 

 

 査定に時間をかけずに車を売るには

 

査定の時間が、1時間はかかるのは避けられないのか。
査定に時間をかけずに済ませたいと考えると、車の一括査定サイトがおすすめです。

 

車の一括査定サイトで見積もった段階で査定額が決まることが多いのです。だから複数の業者に見積もりを取り、より高い価格を
提示した業者に依頼したほうが、査定から契約までの交渉時間が短縮できるというメリットがあるのです。

 

そのメリットを生かすためにも、入力の項目が細かいサイトであってもめんどくさがらずに入力作業をしていくとあとあとの流れがスムーズになり、実際の交渉は金額重視に絞られ時間もかからずに納得がいく査定額になるように持っていける資料を多く用意しておきましょう。